5人目の子供を妊娠しないためにパイプカットをした

夫婦の生活のため、パイプカットをした男性

私と妻が結婚して今年で12年になる。

2人とも子供好きであったため、結婚2年目から次々に子供が生まれた。

気がつけば、我が家には4人の子供がいた。

これは私にも責任があった。私のサイズにあったコンドームがなかった。

それに妻からコンドームをつけない方が痛くないため良いと言っていた。

私と妻の避妊は、危険度90%以上である。その結果、子沢山になった。

最近子沢山の影響が出てきた。それは経済的負担であった。家族全員の食費が大きくなり教育資金が貯金できなくなった。それで私と妻は、結婚12年目にしてはじめて避妊を考え出した。皆さんより、避妊を考える時期が遅れていたことは承知の上である。

今後は絶対に妊娠させることが出来ないため、妻と避妊についていろいろと調べた。

その結果、私がパイプカットをすることになった。

100%ではないが、今までの通りのセックスで妻に不満がでないようにパイプカットを選択した。

泌尿器科でのパイプカッ手術は40分ほどで終わった。傷口を消毒する手間はあったが、家族のために我慢した。術後2週間は性生活とマスターベーションが禁止になった。昔から性活動が大好きな私には辛かったが我慢した。

その後精液検査があり、私のパイプカット手術は成功した。

それから妊娠を心配することなく性生活が盛んになった。膣内射精を何度繰り返しても妊娠する可能性はゼロである。私たち夫婦には最高の避妊になった。

術後、初めての妻との性行為は不安であった。また激しく求めると、傷口が広がるのではないか、精管のパイプカットが取れるのではないかと不安になった。

その影響から2週間ほど私は勃起不全症になったが、お医者さんから精神的な問題だからと言われ直ぐに症状は改善された。妻との性生活は、週に4回はするになった。

しかし、妻がパイプカット後に不安になっていることがある。それは私の浮気である。私は、誰と性行為をしても妊娠することはないからであった。

パイプカットはセックスフレンドを作るには最高の材料である。また、風俗にいったときに、コンドームを着用しないと性病になる可能性が出てくる。妻はたくさんの悩みが出てきた。私はこれを解決するために、週4回の性生活を続けている。

(30代男性 会社)

カテゴリー:夫婦の生活