妊娠から出産、避妊を計画的に実行することで夫婦円満

娘二人の仲の良い家族

私には、産婦人科で女医をしている高校時代からの親友がいる。その親友のお陰でいつまでも夫婦円満な暮らしを過ごせている。

私は、8歳と7歳の娘がいる。この子供たちも計画的に出産した。それに、30代後半である私は、未だに主人と週3回の夜の生活をしている。それも膣内射精である。これは、主人の浮気防止にも繋がっている。

私は、主人と結婚する前に2人の男性と交際をしていた。そのときも絶対に妊娠しないある方法を採用している。その方法とはコンドームを必ず装着させること、それにプラスα版として私が必ず荻野式で基礎体温をつけるのである。

それに危険日の性行為は絶対に拒否することである。それから彼に執拗に迫られたときは、体調不良を使ってでも拒否をすることである。

私が結婚したのが12年前になる。この方法を使い子供は3年間作らなかった。主人は、私の仕事が一段落し産休に入れるまで避妊の協力してくれた。

主人は、必ずコンドームを使用し安全日は膣外射精をしてくれた。それから、計画的に長女を妊娠するときは、主人に好きなだけ膣内射精をさせたのである。私は計画的に長女を妊娠、出産した。その後、私は産休中にもう一度主人に好きなだけ膣内射精をさせ次女を妊娠し出産した。

その次女を出産したときに卵管結紮をした。3人目の子供がほしかったが、2人の子供に贅沢をさせるために決心をした。これとは別に主人のパイプカットも考えたが浮気をされる恐れもあるため私が避妊をすることを選択した。

これからの心配事として、主人が風俗で感染したままで膣内射精をしたときに私が病気になることが心配であった。私は主人のことを信頼はしているが確約はなかった。産婦人科医の親友からコンドームの使用を奨められたが、すでに膣内射精の喜びを得た主人にお願いすることができなかった。

私は、計画的に避妊をすることで幸せな家庭を作ることができた。皆さんの参考にしてください。

(40代女性 パート主婦)

カテゴリー:将来のために